ぎっくり腰【腰の痛み】

ぎっくり腰はある動作がきっかけで腰の筋肉を傷めた事により起きます。症状が重い場合、歩くことも難しく仕事を休まねばならないケースもあります。普段の疲労や姿勢の問題、ストレスや睡眠不足などで筋肉が固くなり、その固くなった筋肉が動作をきっかけに痛める事が原因です。

当院ではまずどの動作や体勢で痛いかをチェックします。腰が痛くても原因はお尻や背中の筋肉というケースもあります。この場合、寝てても痛い場合は患部に炎症が起きている可能性があるので患部を避けて治療を行います。

1回の治療ですっきり完治というケースは少ないですが、「歩けるようになった」「仕事は出来るレベルになった」と仰る人が多いです。すぐぶり返さない為に患部周辺の筋肉もある程度治療が必要なので、寛解までの治療実績としては現在平均8回位の通院となっています。