肩こり頭痛の原因はコレです

肩こりや頭痛にお悩みの人は多いと思います。その原因のひとつとなるのが「足組み」です。

今日は「足を組む事」が肩こりや頭痛にどれだけ影響するのかお話ししたいと思います。

なぜ足を組む事が肩こりや頭痛に影響するかというと、一言で言えば「猫背になるから」です。猫背になることで首や肩の筋肉に負担がかかり、血流も悪くなるのでコリや痛みを感じるようになります。

具体的に解説すると、例えばソファーに足を組みながら座ってテレビを見ている状況を思い出してください。足を組むと背中がまるくなります。そうすると顔が下を向き、目線が下がると思います。その目線を上げようと顔を上に向けようとします。その際、顎が突き出て首が曲がっている、いわゆる「猫背」の状態になります。この態勢では首、肩の筋肉に負担がかかっているので血行不良が起こります。そのため血行不良を解消しようと体から脳に向けてサインを送ります。そのサインがコリや痛みの原因です。

その為、頭痛や肩こりでお悩みの方で普段足を組むクセをお持ちの方は是非治していただければと思います。1か月くらい我慢すればたいていの人は癖が治るので挑戦してみてください。